TOPページへ 交通事故相談サイト


前月へ 2010/6 次月へ



■【2010/06/01】(91)交差点における右折車と追い越し直進車との事故click!

■【2010/06/02】(92、93)丁字路交差点における直線路直進車と右左折車との事故click!

■【2010/06/03】(96、97)丁字路における右折車同士の事故click!

■【2010/06/04】(100)道路外出入車と直進車との事故click!

【2010/06/07】(101)道路外出入車と直進車との事故

第2章 四輪車同士の事故

(101)道路外出入車と直進車との事故
路外から道路に進入するため、左折するとき、

 

これは、路外からの進入車は追突、直進車は出合い頭衝突と主張して大揉めするパターンです。

 

一緒に考えましょう!
Q交通事故 信号の無い交差点での過失割合を教えてください。
現在過失割合は20:80、私は、10:90を主張しています。
信号なし交差点で道幅は同じ、お互いが直進中です。
私は相手から見て左側を直進していました。
相手は、一時停止無視ですが、私には一時停止の規制はありません。
私は確認しながら、5km以内で最徐行進入しています。
私の車は衝突した場所から殆ど動いていません。

進入は、私の方が明らかに先です。
交差点の中央部を超えた位で右後方からくる車に右後方部分に衝突を受けました。
相手は、私の車が、とても直ちに止まれるスピードではなかったと主張、相手は交差点で減速もしていると警察に説明しています。

言った、言わないは水掛け論で、保険会社も私の車の破損状態を見分すれば分かると思うのですが、相手方に著しい過失、前方不注意、その他等は無いのでしょうか?

細かい過失割合ですが宜しくお願いします。

A相手に一時停止の規制があれば、別冊判例タイムズ16「民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準」127ページ、57を適用、基本過失割合は20:80となっています。

あなたの過失を前にして説明しています。

相手に一時停止の規制があれば、左方優先の原則は考慮されません。
相手が一時停止をしていないことは、基本過失割合に織り込み済み、
交差点先入は、相手車に対する減算修正要素ですが、ここでは考慮されていません。
以上から、10:90は困難と考えるところです。

質問者にとって都合のいい解釈が展開されています。
回答は紳士的でなければなりませんから、感情を入れずに淡々と説明しています。

しかし、時速5km以内で最徐行していれば、この事故は発生していない可能性が高いのです。
急ブレーキでなくとも、踏めば、そこに止まるからです。
衝突部位で、事故発生状況を決めるのはタブーです。
回避には、急ブレーキもあれば、急ハンドルもあるのです。
回避行動で衝突部位は大幅に変わるので、考慮しないことが常識となっているのです。
左方優先はなく、一時停止違反は織り込み済み、交差点先入も無視されることになります。

過失割合は、基本通りの20:80、男らしくあきらめなさい!これが本音の回答です。


■【2010/06/08】(102)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/09】(103)対向車同士の事故click!

■【2010/06/10】(104)同一方向に進行する車両同士の事故click!

■【2010/06/11】(105)同一方向に進行する車両同士の事故click!

■【2010/06/14】(106)進路変更車と後続直進車との事故click!

■【2010/06/15】(107)追突事故click!

■【2010/06/16】(108)転回車と直進車の事故click!

■【2010/06/17】(109)転回車と直進車の事故、転回終了直後の事故click!

■【2010/06/18】(110)駐車車両に対する追突事故click!

■【2010/06/21】箸休め?click!

■【2010/06/22】(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■【2010/06/23】(2)救急車との衝突click!

■【2010/06/24】(3)センターオーバー衝突click!

■【2010/06/25】(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■【2010/06/28】(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■【2010/06/29】(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■【2010/06/30】(1)交通事故110番 アーカイブ?click!

戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト