TOPページへ 交通事故相談サイト


前月へ 2010/6 次月へ



■【2010/06/01】(91)交差点における右折車と追い越し直進車との事故click!

■【2010/06/02】(92、93)丁字路交差点における直線路直進車と右左折車との事故click!

■【2010/06/03】(96、97)丁字路における右折車同士の事故click!

■【2010/06/04】(100)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/07】(101)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/08】(102)道路外出入車と直進車との事故click!

【2010/06/09】(103)対向車同士の事故

第2章 四輪車同士の事故

(103)対向車同士の事故
センターオーバー車

追突、信号無視、センターオーバーは、0:100の御三家です。

道路交通法17条4項では、車両は、道路の左側部分を走行しなければならない、18条1項では、道路の左側に寄って通行しなければならないと規定しています。

 

一緒に考えましょう!
Q先ほど事故を起こしたのですが、自動車と自転車の過失割合について教えてください。
現場は、生活道路で、こちらが優先道路のT字型交差点、自動車は直進、自転車は中学生で右折中です。
2台の自転車が連なって、かなりのスピードで走行、道路にはみ出すようにしてきて膨らんで右折してきました。
1台目の自転車は、私が車を右側に寄せて減速、何とか回避できたのですが、2台目の自転車は、私の車のサイドミラーに激突し、自車の左側面全てに自転車のハンドルで大きな傷がつきました。
私は、1台目の自転車を回避するため、かなり減速していましたが完全に停止はしていません。

車は納車まもない新車で、修理代が40万円の見積もりとなっています。
警察の実況見分では、ミラーの破損、路面に散らばった状況から、自転車がセンターを大回りして衝突したことが確認されました。
しかし、物損事故になるため、あとは示談で話を進めなければなりません。
明日見積もりを提出、示談交渉するつもりですが、過失割合はどうなりますか?
こちらとしては、修理費用が高額であり、相手が側面に衝突しており回避することは不可能な状態です。
あまり、お金は出したくないのですが?

Aご説明の事故態様であれば、別冊判例タイムズ16「民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準」173ページ、95を準用、基本過失割合は30:70となっています。
ここでは、自動車対自動車で10:90と説明されているのですが、相手は自転車ですから、あなたに+20%の車種修正を行うことになります。

あなたの過失を前にして説明しています。
自転車の大回り右折は明らかですから、自転車の著しい過失として+10%を加算、最終的には、20:80を予想しています。

上記が私の回答ですが、生活道路で、果たして優先道路があるのか?今でも悩んでいます。
これは、T字型交差点における直進車と右折車で、過失割合を判断することになり、事実としてセンターオーバーですが、(103)対向車同士の事故の適用はありません。


■【2010/06/10】(104)同一方向に進行する車両同士の事故click!

■【2010/06/11】(105)同一方向に進行する車両同士の事故click!

■【2010/06/14】(106)進路変更車と後続直進車との事故click!

■【2010/06/15】(107)追突事故click!

■【2010/06/16】(108)転回車と直進車の事故click!

■【2010/06/17】(109)転回車と直進車の事故、転回終了直後の事故click!

■【2010/06/18】(110)駐車車両に対する追突事故click!

■【2010/06/21】箸休め?click!

■【2010/06/22】(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■【2010/06/23】(2)救急車との衝突click!

■【2010/06/24】(3)センターオーバー衝突click!

■【2010/06/25】(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■【2010/06/28】(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■【2010/06/29】(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■【2010/06/30】(1)交通事故110番 アーカイブ?click!

戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト