TOPページへ 交通事故相談サイト


前月へ 2010/6 次月へ



■【2010/06/01】(91)交差点における右折車と追い越し直進車との事故click!

■【2010/06/02】(92、93)丁字路交差点における直線路直進車と右左折車との事故click!

■【2010/06/03】(96、97)丁字路における右折車同士の事故click!

■【2010/06/04】(100)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/07】(101)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/08】(102)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/09】(103)対向車同士の事故click!

■【2010/06/10】(104)同一方向に進行する車両同士の事故click!

【2010/06/11】(105)同一方向に進行する車両同士の事故

第2章 四輪車同士の事故

(105)同一方向に進行する車両同士の事故
追越し禁止場所でない場所における事故

追い越し危険場所?

凹凸の多い道路、降雨等によりスリップしやすい道路、見通しのきかない道路、狭隘な道路、歩行者の通行の多い道路、対向車等の通行頻繁な道路のことです。

一緒に考えましょう!
Q過失割合の質問ですが、知恵を貸してください。
一車線ずつの道路で、T字路になっている部分での事故です。
中央イエローラインとゼブラゾーン[通行可能なタイプ]があります。
追い越しは可、はみ禁です。
前車、後ろバイク[私]で直線同方向走行中、私がゼブラゾーンを使って追い越し途中で相手が幅寄せ右折をしてきて接触、両者側面衝突です。
右折地点直前までポールが立っていてこちらがイエローラインを超えていないのは明白な形となっています。
こちらは右折対追い越しで50:50で提示しましたが、向こうは右にあらかじめ寄せたから追い禁で90:10だと言っています。
.側面衝突なので車が中央まで寄れるはずがないのに追い禁となりますか?
.当方の保険屋さんでは、埒が開かないので、弁護士対応を勧めてきましたがどうしようもないですか?
弁護士特約には加入しています。
B電な過失割合は?

Aご説明の事故態様であれば、別冊判例タイムズ16「民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準」186ページ、106を適用、基本過失割合は30:70となっています。

あなたの過失を前にして説明しています。
ゼブラゾーン、導流帯走行は、道路交通法の違反ではありませんが、過失割合では、あなたにとって+10〜20%の加算要素となります。
20%加算で、50:50と提案されているなら、あなたの判断に間違いはありません。
逆に、相手の主張する90:10は、なんの根拠もありません。
弁護士が登場して、「根拠を示してくださいな!」となれば、相手はキャンで、降参することになります。

弁護士特約の発動としてください。


■【2010/06/14】(106)進路変更車と後続直進車との事故click!

■【2010/06/15】(107)追突事故click!

■【2010/06/16】(108)転回車と直進車の事故click!

■【2010/06/17】(109)転回車と直進車の事故、転回終了直後の事故click!

■【2010/06/18】(110)駐車車両に対する追突事故click!

■【2010/06/21】箸休め?click!

■【2010/06/22】(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■【2010/06/23】(2)救急車との衝突click!

■【2010/06/24】(3)センターオーバー衝突click!

■【2010/06/25】(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■【2010/06/28】(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■【2010/06/29】(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■【2010/06/30】(1)交通事故110番 アーカイブ?click!

戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト