TOPページへ 交通事故相談サイト


前月へ 2010/6 次月へ



■【2010/06/01】(91)交差点における右折車と追い越し直進車との事故click!

■【2010/06/02】(92、93)丁字路交差点における直線路直進車と右左折車との事故click!

■【2010/06/03】(96、97)丁字路における右折車同士の事故click!

■【2010/06/04】(100)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/07】(101)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/08】(102)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/09】(103)対向車同士の事故click!

■【2010/06/10】(104)同一方向に進行する車両同士の事故click!

■【2010/06/11】(105)同一方向に進行する車両同士の事故click!

■【2010/06/14】(106)進路変更車と後続直進車との事故click!

【2010/06/15】(107)追突事故

第2章 四輪車同士の事故

(107)追突事故

 

100:0が当然との考えが主流ですが、道路交通法24条では、「危険を防止するためのやむを得ない場合を除き、その車両等を急に停止させ、またはその速度を急激に減ずることになるような急ブレーキをかけてはならない!」としており、これにより、基本過失割合は70:30となっています。

B車に24条違反とならない程度のブレーキ操作があるときは基本過失割合を80:20としています。
B車が嫌がらせのために故意に急ブレーキとしたときは、50:50となります。

B車に無免許運転、酒気帯び運転があっても、追突事故との直接の因果関係が認められないときは、追突車の減算要素とはなりません。

 


顔面の醜状痕の等級が見直されます!
6/27、顔面の醜状痕で男女差があるのは憲法違反との京都地裁判決が示されていますが、7/10、厚生労働省は、控訴を断念、この判決を受け入れました。
これにより顔面の醜状痕では男女差が撤廃される方向で、等級が見直されることになり、注目されます。

本件の弁護を担当されたのは、京都第一法律事務所の糸瀬 美保弁護士で、その努力を賞賛するものです。
どこかの保険屋さんのお先棒を担ぐポンスケも、糸瀬弁護士の爪の垢を煎じて一気呑みして欲しい?

かねがね疑問に思うこと?
外傷性頚部症候群=むち打ちの加重障害です。
現行の自賠法では、1回でも14級9号が認定された被害者は、一生涯、加重障害につきまとわれます。
何年か経過して再び追突事故受傷をすれば、元々の変性も手伝って、大きな症状が出現、苦しむのですが、12級13号が認定されても、自賠責保険は224万円−75万円=149万円の支払いです。
14級9号の認定では、後遺障害部分について一銭の支払いもありません。
これを加重障害による減額=お化け減額と呼んでいるのです。

「おかしいやないか?」こんな質問をされたときは、「自賠法の規定ですから、どうすることもできません!」と回答しているのですが、「やっぱり、おかしい?」と考えています。 14級9号の逸失利益は、裁判判決でも、平均的には、5年の喪失期間が最大分布となっています。
保険屋さんであれば、大多数は75万円、つまり自賠責保険の範囲内で知らん顔です。
被害者がねじ込んでも、40万円の後遺障害慰謝料と3年の喪失期間を認めるのが精一杯です。
であれば、14級9号が認定されてから3、5年も経過すれば、喪失期間は満了したことになります。

満了した?それ以上貰っていないのですから、再び、請求できると考えているのです。
裁判となれば、判事は自賠法の規定には左右されません。
満了、それ以上は貰っていないので請求すると連呼すれば、これは認定される可能性があるのです。

慰謝料を払って離婚しても、子どもが18歳になるまでは養育費を払わなければなりません。
タイガー・ウッズさんは、これで悩んでおられるとのことですが、全く同じことで、後遺障害慰謝料は、以前の事故で支払われていますが、以前に認定された逸失利益は消えてなくなっているのです。
3年ほど前から、この裁判を弁護士特約で行うことを考えています。


■【2010/06/16】(108)転回車と直進車の事故click!

■【2010/06/17】(109)転回車と直進車の事故、転回終了直後の事故click!

■【2010/06/18】(110)駐車車両に対する追突事故click!

■【2010/06/21】箸休め?click!

■【2010/06/22】(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■【2010/06/23】(2)救急車との衝突click!

■【2010/06/24】(3)センターオーバー衝突click!

■【2010/06/25】(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■【2010/06/28】(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■【2010/06/29】(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■【2010/06/30】(1)交通事故110番 アーカイブ?click!

戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト