TOPページへ 交通事故相談サイト


前月へ 2010/6 次月へ



■【2010/06/01】(91)交差点における右折車と追い越し直進車との事故click!

■【2010/06/02】(92、93)丁字路交差点における直線路直進車と右左折車との事故click!

■【2010/06/03】(96、97)丁字路における右折車同士の事故click!

■【2010/06/04】(100)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/07】(101)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/08】(102)道路外出入車と直進車との事故click!

■【2010/06/09】(103)対向車同士の事故click!

■【2010/06/10】(104)同一方向に進行する車両同士の事故click!

■【2010/06/11】(105)同一方向に進行する車両同士の事故click!

■【2010/06/14】(106)進路変更車と後続直進車との事故click!

■【2010/06/15】(107)追突事故click!

■【2010/06/16】(108)転回車と直進車の事故click!

■【2010/06/17】(109)転回車と直進車の事故、転回終了直後の事故click!

■【2010/06/18】(110)駐車車両に対する追突事故click!

■【2010/06/21】箸休め?click!

【2010/06/22】(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突

第2章 四輪車同士の事故
判例タイムズ・赤い本にない過失割合

イラストが間に合いません!

(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突

H12-2-29、東京地裁判決、平成12年(ワ)100号、30:70
路外から右方向に気を取られた状態で左折進入した自動車が、後退中のタクシーに追突した事案で、タクシーにも停止する等、事故回避措置を講じるべきであったとして、30%の過失相殺を認めたもの、

これは後退中のタクシーと路外から左折進入したベンツとの衝突です。
タクシーは、本件事故は追突事故であると0:100を主張、一切の支払いを拒否して修理費用+休車損を請求、保険屋さんとの示談協議は暗礁に乗り上げました。
一方、ベンツは、車両保険でサッサと修理を完了、車両保険を支払うばかりで宙ぶらりんとなった保険屋さん=千代田火災海上保険が、やむなく訴訟を提起したものです。

千代田火災は、タクシーがバックするのは例外的な走行方法であること、路外から左折するには、右側から進行する自動車に対しては高度な注意義務があるが、左方向の自動車に対する注意義務は相対的に軽減されており、ベンツの過失は、認めたとしても30%を超えないと主張しています。

タクシーは、後退はしていたが、事故当時は停止していたので、ベンツの前方不注視と一時停止無視が原因で追突を受けたもので、ベンツの一方的過失を主張しました。

さて、裁判所の判断です。
本件事故態様は、ベンツは、一時停止した後、左折進入したところ、折からバックしてきたタクシーの後部左側面に、右前部を衝突させたもので、ベンツが左折進入する際に、左側に対する注視および安全確認を行っていれば、当然にタクシーを発見して事故を回避できたのであるから、ベンツに過失のあることは明らかである。

タクシーのフロントバンパーカバーの損傷は、衝突時にタクシーが後退・移動していたために生じたものと認められるところから、タクシーは、衝突時において停止ではなく、後退していたものと認めら、タクシーは、後退する際には、後方に対する安全確認義務を負っているのであり、本件においても、ベンツがタクシーの後方に路外から進入してきたことを早期に発見し、衝突の危険がある場合は自己の車両を即時に停止する等の事故回避措置を講じるべきであったのに、これが遅れたことも1つの原因となって本件事故が起きたものと認められる。

そして、予見可能性としては、ベンツが、タクシーの後退を発見して事故を回避できる可能性が高いと判断、ベンツ70%、タクシー30%と認定しています。

直販損保の動向です?
現在、直販損保は、ソニー損保、三井ダイレクト、アクサ、チューリッヒ、アメリカン・ホーム、損保24、SBI、イーデザインの8社で、年間保険料収入は1835億3000万円となっています。

ソニー損保、三井ダイレクト、アクサが伸びており、チューリッヒ、アメリカン・ホームが宣伝費の抑制でシェアーを落としており、SBI、イーデザインは、まだ新参者のレベルです。
アメリカン・ホームは、リーマンショック、親会社のAIGの影響を引きずっている様子です。

私は、「安かろう、悪かろう!」で直販損保には否定的な意見ですが、安い保険料はなんと言っても魅力で、8%の増収、国内損保が0.7%の増収ですから、国内損保からの乗り換えは続いています。

払い渋り、支払洩れの修正、自動車保険市場の縮小等で、参考純率は上昇しており、国内損保は保険料の値上げを表明、直販損保も引き上げのタイミングを模索していると予測しています。
しかし、値上げとなれば、一定の顧客流出は免れません。
我慢のしどころですが、今後に注目です。

私は、消えてなくなれと念じています。


■【2010/06/23】(2)救急車との衝突click!

■【2010/06/24】(3)センターオーバー衝突click!

■【2010/06/25】(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■【2010/06/28】(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■【2010/06/29】(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■【2010/06/30】(1)交通事故110番 アーカイブ?click!

戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト